コンビニ決済

事故情報があるとクレジットカードは作れないの?

まず、クレジットカードの事故情報についてご説明いたします。
事故情報(延滞情報)とは、クレジットカードやキャッシングでショッピングをしたときの残高を、返済期間中に支払えなかったり、支払いが何度も延滞したり、長期間延滞してしまった場合に、個人信用情報機関に記録されてしまう情報のことです。
事故情報は、一度記録されてしまうと3~10年程度は個人信用情報機関から消えることはありません。

ただし、これは残高を完済後からの期間となります。
本題の「事故情報があるとクレジットカードは作れないのか?」という問題ですが、事故情報というのは、個人信用情報機関を通じて、加盟する金融機関で共有されています。
ですので、事故情報が残っている期間中は、新たに別の会社のクレジットカードを申し込んでも確実に審査で落とされてしまいます

さらに、審査に通らないからといって何度も申込みを繰り返すというようなことをしてしまうと、今度はクレジットカードの新規の申込みが半年ほどできなくなってしまう「申込みブラック」という状態になってしまいます。
また、事故情報が残っている期間の弊害として、家や車などを購入したいと思っても、ローンが組めなくなってしまいます。

よって、事故情報が記録から消されるまでは、どんなに高額な物でもすべて現金で購入しなければいけなくなります。
事故情報が記録されるということは、クレジットカードが作れないだけではなく、多くのリスクを背負うことになってしまうのです。
このような状態にならないためにも、毎回きちんと期間内に返済するように心掛けましょう。
カードの支払方法や限度額などがhttp://www.jugendstiftung-vielfalt.org/kanou.htmlにかいてありますので、失敗しないためにもよくお読みください。

このページの先頭へ