コンビニ決済

クレジットカードのセキュリティコードの確認方法

クレジットカードのセキュリティコードの確認方法ですが、これはカード会社によって異なります。
ですが、だいたいのカード会社はクレジットカード裏面のサイン欄(白い帯のような部分)に記載されています。
では、クレジットカード会社別のセキュリティコードの記載場所をご紹介いたします。

楽天カード、Tカード、ニコスカード、JCBカードなどは、クレジットカード裏面のサイン欄の右上にある7桁の数字のうち、右端の3桁の数字がセキュリティコードになります。
7桁の数字は、わかりやすく4桁と3桁に分けて記載してあるので、「3桁のほう」と覚えるようにすれば忘れにくいでしょう。
三井住友VISAカードは、クレジットカード裏面のサイン欄の右上に、セキュリティコードの3桁の数字のみが記載してあるので、間違えることはありません。

オリコカードは、クレジットカード裏面のサイン欄の右上に4桁の数字と、サイン欄の右の枠外に3桁の数字が記載されていて、これの3桁の数字のほうがセキュリティコードとなっています。
3桁の数字は、わかりやすいように白地の上に記載してあります。
例外なのはアメリカン・エキスプレス・カード提携のクレジットカードで、セキュリティコードはクレジットカード表面に記載してある4桁の数字となります。

大変紛らわしいので気を付けましょう。
セキュリティコードは、クレジットカードが不正利用される確率を減らすためにも知っておかなければならない大切なものです。
自分のクレジットカードのセキュリティコードは、記載場所を確認してしっかりと覚えておきましょう。

このページの先頭へ