コンビニ決済

キャッシングとカードローン、一体何が違うの?

キャッシングとカードローンの違う点は、簡単に言うと「支払い方法の違い」です。
キャッシングとは、クレジットカードやキャッシュカードに付随しているキャッシング機能を利用し、キャッシュディスペンサーやATMから少ない金額からでも現金を借りることができるという融資のことです。
キャッシングの返済方法は、多くの場合が翌月に一括返済というシステムです。

最近では、インターネットや携帯電話での借り入れの申し込みができるサービスもあり、これはオンラインキャッシングやネットキャッシングと呼ばれています。
カードローンとは、指定された銀行の口座から、クレジットカードやキャッシュカードを使ってお金を借りることができる融資のことで、一定の限度額の範囲内なら、自由に繰り返し借りることが可能です。
カードローンは、銀行の直接窓口のほかに、キャッシュディスペンサーやATMからも借り入れることが可能です。

カードローンの返済方法ですが、一括払いを行っているところは少なく、多くの場合が分割払い(リボルビング払い)のシステムとなっています。
カードローンには、銀行系のカードローン以外に、カード会社などのカードローンや消費者金融のカードローンもあります。
このように、キャッシングとカードローンには「翌月に一括払い」と「分割払い」という支払い方法の違いがあります。
皆さんもお金を借りる機会があるときは、自分の状況に見合った方法を選択するようにしましょう。

このページの先頭へ