コンビニ決済

クレジットカードのセキュリティコードとは?

クレジットカードのセキュリティコードとは、主にクレジットカードの裏面のサイン欄右上に記載されている数字のうち、一番右の3ケタの数字のことを指します。
何のための数字かというと、その名の通りセキュリティ(防犯)のためのコード(暗号)で、それぞれのカードごとに定められた数字があるので、カードを実際に所持している人にしかわかりません。
ですので、万が一誰かにスキミングなどでクレジットカードのカード番号や有効期限などの情報を盗まれたとしても、不正利用される確率を下げる役割があります。

ですが、セキュリティコードがあるからといって不正利用がなくなるわけではありません。
なぜなら、インターネットショッピングなどではまだまだセキュリティコードがなくても、カード番号と有効期限さえわかれば買い物できてしまう場合も多いからです。
ですので、このセキュリティコードだけではまだまだ安心することはできないと言えます。

ごく一部のクレジットカードにはセキュリティコードが記載されていないものもあるようです。
また、セキュリティコードはサイン欄という非常に汚れやすい場所に記載されているため、クレジットカードの使用頻度や扱い方などで読み取りにくくなってしまうということもあるようです。
なお、セキュリティコードの数字が記載してある位置と桁数は、カード会社によって違う場合もありますのでご注意ください。

このページの先頭へ