コンビニ決済

クレジットカードの有効期限が切れてしまったら

クレジットカードの有効期限が切れてしまった場合ですが、基本的には自分で更新を申し込む必要はありません。
なぜなら、クレジットカードは有効期限の1~2か月前になると、自動的に有効期限が更新されて新しいカードが届くシステムになっているからです。
ですので、古いカードは2つ以上に切り刻んで破棄してしまいましょう。

また、クレジットカードが更新されたときにカード番号や有効期限が変わっても、クレジットカードの登録情報は自動的に更新されるようになっているので、カードで支払いをしているものに関しては再度登録しなおす必要はありません。
ETCカードに関しては、ほとんどがカード挿入型のものだと思いますので、更新されたら新しいカードを使用し、古いカードは捨てるようにしましょう。
間違って古いETCカードを挿入してしまうと、ETCゲートが開かないというトラブルが起きてしまいます。
これはよくあるトラブルなので、間違うことのないように古いカードは早めに破棄しましょう。

このように、クレジットカードの有効期限が切れることで起きる問題はほぼないといえます。
ただし、クレジットカードの返済が滞っていたりすると自動更新されない場合があるので注意しましょう。

このページの先頭へ